検索

「孤独」と「さみしさ」の違い

☆「孤独」:自分自身の深いところと繋がっている状態。自分の存在の核と繋がり、その声を聞いている状態。

「ひとりであることの喜び」という肯定的な側面を持つ。

自然の静けさの中で無言で木や雲や波に語りかけたり、静かに詩をひとりで読んでみたり、音楽に聴き入ったり、芸術作品をひもといたりする時間におのずと去来(行き来)するもの。

☆「さみしさ」:「ひとりであることの痛み」というネガティブな側面を持つ。

さみしさは、しばしば、人と人との繋がりが拒絶されたり離ればなれになることによって体験されているものである。

それは私たちが別れや死に直面した時に襲いかかってくる感情であり、周囲から誤解されたり、愛が破れたりした時に生まれてくる感情である。

… 孤独に身を任せている時には、群衆の中にあってもひとりきりである。しかし決して寂しくはない。

深い孤独を体験した者同士こそ、真の人と人との出会いとなります。

逆に孤独に耐えない人同士のつながりは、本当の意味で出会いと言える代物ではありません。

日本的な人間関係のしがらみの中で、他者との浅いつながりを保つことで、自分自身と向き合うことを回避してしまっているケースも少なくないからです。

- 諸富祥彦著「自己成長の心理学」/ムスターカスの孤独論 参照 -

僕の場合、定期的に「孤独」という自分と向き合う時間を作ります。

自己の純粋性(自己一致)やエネルギー配分の確認作業、自己管理やコンディションの調整、また写真(作品)についてイメージしてみたり、自分の中に今在るものを文書化することもこの時間を使っています。