検索

存在認知(ストローク)について

私がポートレートや家族写真の撮影過程を通して描写しお伝えしようとしている「存在認知/ストローク」についての基礎知識を少しだけ書いてみます。

人の心が生きていく上で一番欲しているであろう「存在認知」。

心理学用語でストロークともいうその定義は「あなたがそこにいることを、私は知っている」。


もう少し簡単にお伝えすると「私はそこにいるあなたの存在を認めます」。

日常に置き換えるとストロークとは言語・非言語を含める人と人とのやりとり全てのことをいいます。


そこにいるあなたの存在を知っているから、挨拶をする、世間話をする、仕事の話をする、喧嘩をする、愛情を交換する、などがあります。

(詳しくは「交流分析・時間の構造化」で検索してみてください)


ストロークを大きく分けるとプラスとマイナスがあり、プラスのストロークとは、褒める、ハグ、笑顔、共感などポジティブなもので、マイナスのストロークとは怒こる、殴る、睨む、否定などネガティブなものです。

個人がどんなストロークを行うのかは、幼少の頃からの環境や人間関係、日常で行うコミュニケーションの質によってその人の習慣となっていきます。


ストローク(存在認知)が無いと人の心は生きていけません。

故に人が不安に陥ったり恐怖を感じるのは無視無反応でストローク(存在認知)の無い状態です。


人は本来プラスのストロークが欲しいのですが、プラスのストロークを貰えない状況にある人はマイナスのストロークを得ようとする行動に出ます。

何故なら上記にもある様に人の心はストローク(存在認知)がないと生きていけないのです。


例えば、愛情を貰えない子どもが悪戯をしたり泣き叫んだり、暴れたり、誰かに危害を加えてしまったりするのは、プラスのストロークが貰えないならマイナスのストロークでも良いから頂戴という行動の場合が多く、それは子どもに限らず大人にも同じことが言えます。

しかし本来はプラスのストロークはプラスのストロークでしか得ることができません。


簡単にストローク(存在認知)についてお伝えさせていただきましたが、存在認知はそれだけ人の心にとってなくてはならないものであり、人は「質の良いストローク」を交換し重ねることで幸せや愛を感じることができます。

またそれは誰でも年齢に関係なく人をポジティブな未来へ繋げていくことも可能ではないかと、学びと実人生を通して私はそう感じています。


ストロークについて、もしご興味がありましたら「交流分析 ストローク」で検索してみてください。

人がどの様な手段を使いストロークを得ようとしているのかが解る「時間の構造化」、また自己分析にも使えるエゴグラムや自我状態など、ちょっとハマってしまう要素がそこにはあるかもしれません。


 © Photographer MAL 1990-2021 by Marumoto Yusuke

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

当サイトの内容、テキスト、写真等のコピー・無断転載・無断使用・SNSでのシェア等を固く禁じます。

このサイトに掲載されている作品や写真はフォトグラファーMALのWorksとしてご紹介しています。

掲載につき何か不都合がございましたら削除・変更いたしますので、その際は誠に恐れ入りますが「Contact」 からご連絡頂きますようお願い申し上げます。