Chapter5:故郷でのポートレート/最後の嘘

業界を引退する数年前のこと。心の奥に残っていた蟠りと向き合い昇華させるために選んだ方法はやはりポートレート。自分の存在、ルーツを再確認するため何度か実家に戻り家族や親戚のポートレートを撮影し大きくプリント、それを部屋中の壁に貼り付け眺めながら自分自身と対話をしていました。この蟠りを解決することにより明確に現れてきた、自分に対する最後の嘘。ここでの出来事も後に業界を引退する大きな理由のひとつになっています。