Chapter6:Existence and Message / Edge of Life

フォトグラファー復帰後に心理学のスキルを落とし込みながら構築された「Existence and Message」と、そこから派生した「Edge of Life」。生きるエネルギーと人の存在そのものを描写することに特化しながら、末期癌の方や今の命を自分らしく生きている方々を被写体にしたそれは、被写体となる人も、写真を見る人も、自分自身と対話することができるポートレート… あなたの欲しい答えは、その一枚の中に在るかもしれません。

 【Edge of Life】

このプロジェクトは自らも生存率0%を克服し、現在はNPO法人Smile Girlsの代表でもある善本考香さんにご協力いただきながら進行しています。またもう一つのコラボレーションとして「FACE/命の際で」を作成、会場ではプロジェクターを使い他2本のFACEと合わせ同時上映しています。

【善本考香:NPO法人Smile Girls代表】

NPO法人Smile Girls代表子宮頸がんよりリンパ節や肝臓などへの再発転移を5回経験。余命わずかと言われたが奇跡的に寛解。現在は、その体験をもとに、主に女性がん患者、ご家族の支援をする活動を仲間と展開している。